ウェブの世界で目立ちましょう

 

目立たないホームページは「闇夜のカラス」と同じです。

 

  ホームページの目的は集客し・集客した人たちから

あなたの商品・サービスを買ってもらい

あなたは、売上から利益を上げることです。

 

  あたりまえのことを言っていますが・・・

ほとんどのホームページが目立っていません。

やみよにカラスの目立たないホームページ
やみよにカラスの目立たないホームページやめませんか?

 

  カラスが夜に飛ぶかは別として

やみよに、からす【闇夜に烏】

これは「見分けがつかないことのたとえ。」として言っています。

 

 

  あまたのホームページが乱立するウェブの世界においては、

とても大切で大事なことで

もっとも基本的なことです。

 

他と見分けがつかない

 

  目立たないホームページは

存在していないのと同じです。

ただあるだけ、名刺代わりにさえなりません。

 


ウェブの世界で目立たないホームページは、

「・・・闇の中を航行する船と同じ、誰にも気づかれることなくただ通り過ぎるのみ」 

 現代広告の父  デイヴィット・オグルヴィの著者から。

02-0512-0640-092kb.jpg

 

ホームページは、まず目立つべきです

目立たなければ、「闇夜のからす」、「闇の中の船」とおなじ

  ただ、ウェブの世界にあるだけで、誰も気づきません。

 

ここで気を付けたいのは、綺麗な写真や・ハデな画像をつかって

単に目立たせようとすることではない・ということです。

(サイト訪問者・利用者は、綺麗な画像を見たいわけではないのですから)

 

 

   コンテンツを揃えることです。

あなたのお客さんになってくれるかも知れない人たちに向けて

有益な情報(コンテンツ)を発信し続けることです。

 

  ただ、多くのホームページが

ホームページで、“ただ目立つことばかりを(考えて)作られています。

 

 

  綺麗な写真をたくさん使ったり、

トップページの全面を写真にしたりだけで、

大きな勘違いをしています。

これで、目立とうとしているのです。

 

これは、大きな勘違いです。

(この様な綺麗なだけのページでは、最初に目立つことはありえません)

 

 ・・・なぜなら、これらはクリックされホームページを見てもらえる前提で作られているからです。

 

ホームページを見てもらう為には

 

 ①.クリックされる前に、検索で表示されるための仕組み・導線が必要。

 ②.クリックされるためには、検索者の目的に合う情報(タイトル・スニペット)が表示されていることが大事。(そのためには、タイトル・スニペットを適切に設定していることが、前提)

 ③.クリックされて、ページに訪問されても、タイトル・スニペットに見合ったコンテンツが揃っていないと、スグに離脱され、ページを見てもらえない。

 (派手な画像や、綺麗な写真があったとしても、写真屋さんのホームページでもない限り、訪問者の目的は画像を見たい訳ではない。)

 

 

  誤解の無い様に

最初に言っておきます。

 

   綺麗なホームページを否定しているわけではありません。

綺麗な写真や・きれいなデザインがダメだとは言っていません。

 

 

ただ、綺麗なだけのホームページが多いと言っているだけです。

(これでは、ウェブの世界にいるだけで紹介してもらわなければ誰も気づきません)

ただ、存在しているだけで、名刺代わりにさえなりません。

 

 

その違いは?・・・何でしょうか?

 

   あなたは、いま

この記事がなにを言おうとしているのか・・・

おわかりでしょうか?

 

 

繰り返しになりますが、

 

 

 

そうです。

 

 

「検索」で最初に現れてくるのは

ホームページではない」から、・・・です。

 

・・・そんな馬鹿な!とお思いでしょうか?

 

 

  ここを、 多くのホームページのサイトオーナーが勘違いしています。

 

  もっとひどい場合は、ホームページ制作会社さえ

勘違いしている場合があります(ここは、あえて勘違いしていると申しておきます)

 

 

 

「検索」で最初に現れてくるのは、

ページのタイトルURL、そしてページの要約(スニペット)だけなのです。

 

 

 

  例えば、

スマホ最適サイト 横浜」で2018/0818に検索した例では

この様な結果になりました。

 

  検索の1位、2位は「広告」です。

次からが、オーガニック検索の1位2位・・・です。

 

検索で目立つためには、

「検索」した人の狙い通りの内容で表示されていることです。

 

   この例の場合は、

検索者の狙いは、キーワードで指定した“スマホ最適サイト”と“横浜”です。

 

  このキーワードが、検索結果に表れているかどうかが

結果的に「目立つ」ことにつながるのです。

 

青文字部分が、このページのタイトルです

緑文字が、このページのURLです。

そして黒文字が、このページのスニペット※(ページの要約)です。

 

  ※スニペットはGoogleが独自のロジックで記事から自動的に生成するものと言われていますが、意識的にgoogleにそうさせるようにすることも(あなたのサイトのコンテンツの内容から)できます。

 

1件目のサイトのページはどうでしょう

タイトルスマホ最適サイト横浜パソコンもレスポンシブデザインで操作も最適

スニペットは、キーワードにヒットしたところが太文字になっています。

 

2件目のサイトページも、

タイトル横浜でスマホ集客はスマホ最適サイトから

スニペットは、キーワードにヒットしたところが太文字になっています。

S1-0513-0509-164kb.PNG

 

 

 手前みそですが、この2つのページは、

ともに私のコンテンツです。

 

 

 そして、次に大事なことは、

あなたのホームページに訪れようと思っている人たちに、

まず、安心をあたえること(安心して訪問してもらうために)です。

S2-0503-0198-084kb.PNG

 

Googleがウェブブラウザのchromeで7月から採用した

?(鍵)アイコン保護された通信このサイトとの間で送受信される情報はプライバシーが保護されます。)と表示される。」のを最初に教えてくれるのが、タイトルの右端にあるグリーンの盾アイコンです。

 

 

そして、オーガニック検索5位も私のサイトのページです。

S3-0427-076kb-032kb.PNG

 

 

  そうです。

ウェブの世界で大事なのは

目立つことです。

そして、安全なホームページであることを証明してもらうことです。

(証明してもらうことは比較的簡単にできます。)

 

 

  目立つためのコンテンツが必要です。

大事なのは、コンテンツページのタイトルとその要約です。

 

  要約はまさしくサイトコンテンツの概略を分かりやすく

あなたのホームページに

あなたのお客さんになってくれるかも知れない人たちを、

誘導するために分かりやすく伝えるためのものです。

 

 

また、この要約はある程度コントロールができます。

 

  この話はまたの機会にしましょう。  ➡ 

長くなりますので。  ホームページでこんな間違いしてませんか

to be continued

あなたのホームページが役立つことを願います。

03-0640-0427-208kb.jpg

 

関連記事

 

  関連記事 ➡ クリックされない理由検索結果にあっても

検索の目的
     検索の目的は、あなたのサービスから受けられるベネフットを探すこと

 

 関連記事 ➡ いまさら不完全なスマホ対応vsスマホ最適化

 

  関連記事 ➡ あなたのホームページにUVPがありますか

UVP USP
     あなたのホームぺージにUVPはありますか?

 関連記事 ➡ あなたのホームページ改善に役立つきっかけ

ベネフィット、解決策、結果が想像できる
       ベネフィット、解決策、結果が想像できる

 

 関連記事 ➡ あたりまえのアダムスに学ぶマーケテイング

 

 関連記事 ➡ あたりまえのアダムス

あたりまえのアダムス
        あたりまえのアダムス

 

 

 関連記事 ➡ HP持っている人こっちコッチできるマーケティング

マーケティング
マーケティング

 

 

 関連記事 ➡ あなたのホームページに必要で大切なこと

        

What
シンプルで当たり前のことが見過ごされています