モバイル ファースト インデックス・インターネット利用者の検索に対応する為に必要なこと

 

四、Googleのモバイルファーストインデックスに対応するについて具体的にお伝えいたします

 

 これには、大きく分けて3つの方法があります。どれも、あなたのホームページにスマホ用のコンテンツを用意することが必要(01)です。 

 

あなたのホームページはパソコン向けに作られたコンテンツです

 

 

 ※01.なぜ必要かというと、2018/3/27Googleがモバイル ファースト インデックス(ページの評価対象をスマホサイトに変更開始したからです。

 

 ごく簡単に言うと、モバイル ファースト インデックス以前は、

 スマホからの検索であっても、パソコン用のホームページの情報からインデックスしていたのです。

 

 しかし、2018/3/27以降は、パソコンからの検索であってもスマホ用のホームページの情報からインデックスするようになったのです。その結果、パソコン用のホームページしか持っていないと、インデックス優先順位が低い為、結果的に検索結果の表示も下位となってしまうからです。

 

ページの評価優先1.モバイル(スマホ)サイト評価軸基準、2.PC版サイトのみの場合PC版インデックスして評価)・・・モバイル ファースト

 

 

スマホ用のホームページを用意する方法として

 

✔ 1つ目は、今あるパソコン用ホームページを機械的に変換してスマホ用ホームページを作ること

 

✔ 2つ目は、今あるパソコン用ホームページと同じ内容・ページで、新しくスマホ専用ホームページを作ること

 

✔ 3つ目は、レスポンシブ ウェブ デザイン03)で新しくホームページを作り替えること

 

Googleは、レスポンシブ ウェブ デザイン推奨しています。

Written:2019/04/25

By 横浜のITコーディネータ

モバイルファーストインデックスに備える
モバイル ファースト インデックスに備える

理由は、

✔ 1つ目の方法は、機械的に変換するために必ずしもスマホに最適変換とはいかないのです。ホームページアドレス(URL)が2重となるため利用者のリクエストによって切り替えが必要となります。HTML02)等が2重となるため、保守や今後の対応に費用も2重にかかることにもなります。

 

✔ 2つ目の方法は、新しくスマホ用ホームページを作ることになる為工数(作成費用)が1つ目以上にかかることです。しかも、ホームページアドレス(URL)が2重となるため利用者のリクエストによって切り替えが必要です。これもHTML02)等が2重となるため、保守や今後の対応に費用も2重にかかることになるのです。

 

✔ 3つ目は、レスポンシブ ウェブ デザイン03)で新しくホームページを作り変えることです。作り変え費用は発生しますが、1、2と比較した場合、1つのURLで済むため切り替えが不要であること。何よりも1つのHTML記述で済むため、保守や今後の対応も1つで済み長い目で見た場合コストダウンにつながります。さらにCMS(コンテンツ管理システム)と併せて作成することで、管理面・運用面でも優位になります。

 

 

 ※02. HTMLHyperText Markup Language の略称で、WEBページを作成する際に、用いる言語のこと

 

 ※03. レスポンシブ ウェブ デザイン(RWD):Responsive Web Designは、閲覧者の画面サイズまたはウェブブラウザに応じてウェブページが閲覧できることを目指したウェブデザインの手法。1つのウェブサイトで多様なデバイスを同様にサポートする

 

内容

Googleの施策... 4

Googleが提唱し、Googleが決定し、Googleが実施するネットの憲法... 4

モバイル ファースト インデックス開始します... 5

2016/11/05モバイル ファースト インデックス に向けて... 5

2017/12/19モバイル ファースト インデックスに向けて サイトを準備するためのヒント... 6

2018/01/18ページの読み込み速度を モバイル検索のランキング要素に 使用します... 6

2018/03/27モバイル ファースト インデックス開始します... 7

関連記事... 8

私たちがご支援するスマホ最適ホームページはGoogleモバイル ファースト インデックスに対応しています... 8

関連記事2. 8

 

Googleの施策

検索エンジンのトップはなんといってもGoogleです。Yahooは数年以上前にGoogleのエンジンを採用しています。Microsoftも昨年Googleのエンジンを採用する方向転換を発表しています。(検索エンジンで残る大手はFireFoxのMozillaだけです)

 

Google提唱し、Googleが決定し、Googleが実施するネットの憲法

Googleは、実施することになるインターネットの施策を、早いうちからGoogleウェブマスター向け公式ブログで発表し続けています。

インターネットにビジネスの基盤を置く事業者(IT企業のみならず)は、Googleの施策に敏感に対応せざるを得ないのが実情です。

Googleウェブマスター向け公式ブログだけでなく、Googleのあらゆる発表や施策に目を光らせています。

 

 ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)

✔ 検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド

 Google公式サイト                                                   など

 

モバイル ファースト インデックス開始します

2016/11/05モバイル ファースト インデックス に向けて

モバイル ファースト インデックス に向けて
モバイル ファースト インデックス に向けて

 

2017/12/19モバイル ファースト インデックスに向けて サイトを準備するためのヒント

2018/01/18ページの読み込み速度を モバイル検索のランキング要素に 使用します

ページの読み込み速度を モバイル検索のランキング要素に 使用します
ページの読み込み速度を モバイル検索のランキング要素に 使用します

 

2018/03/27モバイル ファースト インデックス開始します

モバイル ファースト インデックス開始します
モバイル ファースト インデックス開始します

 

関連記事

モバイルファーストインデックス最適に備える

   

モバイル ファースト インデックス
      モバイル ファースト インデックス

 

モバイルファーストインデックス備えてる?

    https://www.a-itc.info/blog/google20180330   

クリックされない理由②検索結果にあっても

    

検索でヒットするために必要なこと
    検索でヒットするために必要なこと

       

いまさら不完全なスマホ対応VSスマホ最適化

     https://www.a-itc.info/blog/web20181202

 

私たちがご支援するスマホ最適ホームページはGoogleモバイル ファースト インデックスに対応しています

 

レスポンシブ ウェブ デザインで、高信頼性CMS05)を用いて開発します。

05.汎用CMS(コンテンツ管理システム)がベースのconcrete5は、アメリカ陸軍でも採用された高信頼性のCMSです。

 

関連記事2

改ざんの危険性がイッパイあなたのサイト大丈夫?

    

脆弱性対応
脆弱性対応

 

 

concrete5が選ばれる理由

     https://concrete5-japan.org/about/why-concrete5/